高野山日記4


IMG_1110[1]本日は初不動。とても晴れて良い天気でした。お不動様にご挨拶にとお参りに来る方も多くおられました。写真は、二日前ですが、つららが屋根の戸井にあちこちとでき長いもので一メートル以上のものがありました。雪も三、四日ほど続いて降り毎朝二時間ほどかけて雪かきをしていたり、気温もマイナス十三度まで下がって寒いというより痛かったです。数日続いた寒さも本当に嘘のようで、快晴になり暖かい一日でした。初大師と同じで、お不動様がお参りに来る方を歓迎していたようです。

高野山日記3


IMG_1073[1]IMG_1058[1]本日は初大師です。雪の残る高野山。足元が悪い中でもお大師さんに会いにと人がお参りに来ていました。今日は、雪も降らずによい天気ではありましたが、気温はいつもよりは暖かったのです。しかし体感的には寒く感じるものです。お参りに来る方の姿が物語っていました。いつもよりは多めに着込んでいるようでした。二、三日は晴れ間の少ない日でしたが、今日はよく晴れ間がのぞいていました。お大師さんがお参りに来る方を迎え入れているように思えます。

日頃手を合わせることはしていますが、大師信仰とはよく言ったものです。寒い中足元の悪い中であってもお大師さんに会いにくる人達には感心させられます。

 

高野山日記2


高野山に来て一週間。初日より段々と気候が変わるものと思いながら、仕事をしていましたが・・・さすがにお山の上です。一昨日から急に氷点下にはいったものの、雪はちらほらしか降らないなと思っていたら。今朝方顔を洗いに行ったところ、真っ白になっていました。気温は、昨日の方が寒くマイナス7℃、日中は0℃かマイナスでした。昨日の晩から少し気温もあがり雪が降ったのでしょう。10cmほどの雪を朝から2時間かけて雪かきをしました。サラサラの軽い雪でしたが、流石に量があるので運動不足の自分には大変です。今のところは事務的な仕事が多く、正座ばかりで動くこともあまりなかったのでちょうどよかったのかもしれません。寒さには慣れているつもりなのですが、まだ寒くなることを考えると・・・。部屋にストーブを借りていますが、温度もなかなか上がらないくらい寒いです。ですが、寒いとばかり言っても変わるわけではないので慣れていきます。まだ福岡と同じくらいの服装ですから。

高野山日記1


今月の9日から高野山に来ております。寒いであろうと、構えて車を走らせていると、まずは山の中腹あたりで霧が迎えてくれました。対して視界を遮るものではありませんでしたが、良い景色がみれました。高野山に登ってみると、雪もなく少しの晴れ間がみえて少し暖かいくらいです。そう思っていた数日、福岡と同じ格好をしていましたが、朝、晩の冷え込みは流石に寒く気温もマイナス一度。日中も零度くらいしかあがりません。しかし、ステテコははかないと決めております。福岡と比べれば断然違いすぎますが、まだまだ高野山の寒さはこんなものじゃありません。ちなみに本日ようやく雪が降りました。気温もマイナスでした。遅いくらいですが、今からが高野山の冬本番。頑張って雪かき・・・ではなく、お寺の手伝いをしてきます。昔慣れた生活ですが、最近の生活とは全くの別世界です。慣れる頃には福岡に帰ると思いますが、一日一日高野山を満喫しております。